あけぼの山農業公園 秋桜2017

2017.10.10 Tuesday

0

    PA091914.JPG

     

    UNADJUSTEDNONRAW_thumb_19b1.jpg

    バイク日和の連休・・・

    暖かい

    身体にもバイクにも最高の天気と気温なのだが・・・

     

    どうもドカの調子はイマイチ落ち着きが無い

    房総あたりを目指したかったが・・・まずは近場で様子見

     

    以前、松戸のモトエルンにもちょっと相談してみた

    ここの店主は不思議な感じだが色々と相談に乗ってくれる

    ドカのメンテ、修理を色々と経験しており属人的な経験値が溜まっているようです。

     

    ドカは素人の私が考察するに燃料タンクのコックとキャブレターの燃料給油口の高さの差がほぼ無く自然落下に無理があるように思う・・・松戸のモトエルンの助言はキャブレター用の燃料ポンプが必要ではと言うこと

    自然落下による給油に無理があるためアクセルの開度に応じた燃料共有がされないのでは?ガス満タン時は良いがガスが減ってくると落差が無くなりガス欠のような症状になりやすいのではという見解

    何となく当たっているような気もする

    キャブレター用の燃料ポンプのお勧めはR1の初期型に付いている燃料ポンプが具合が良いらしい・・・R1もエンジンが前傾しているのでキャブはダウンドラフトでタンク下の燃料コックはだいぶ下に位置しており燃料ポンプが必須なようです。

    FI用燃料ポンプのように常時高圧は必要なく、心臓の鼓動のごとく送ってくれる燃料ポンプが良いのだと・・・それがR1用のヤツだと言うことだった

    特にFCRはオーバーフローすると厄介なので慎重に・・・って事でした。

     

    今度、スリーエーに相談してみようかな

    燃料ポンプでガスをちゃんと送ってから空燃費測定してもらったら落ち着くような気もする

     

     

    まっ、秋桜も撮れたので満足

    近場往復だったのだが、左手の調子も悪い

    腱鞘炎っぽいかな

    クラッチを握る握力が低下していると言うか、痛くて握るのが面倒になってくる・・・

    遠出しなくて良かったかも

    それとも、柔な手になってしまって来ているのか

     

    先日、歳をありがたく頂き

    56歳になりました。

    バイクは乗り続けるよ・・・

    当分セパハンで頑張る予定

     

    やっぱり

    コスモスは

    薄紅が好き

     

    薄紅の秋桜が秋の日に〜〜〜♪

     

    PA092005_HDR.jpg

     

    UNADJUSTEDNONRAW_thumb_19b0.jpg

     

    PA091923.JPG

     

    PA091937.JPG

     

    PA091923.JPG

     

     

     

     

    1976年製のカブ

    2017.09.19 Tuesday

    0

      GR273755.JPG

       

      GR273749.JPG

       

      長男所有の1976年製のカブ

      このカブ、ちゃんと動いていたのだが、素人がにわか修理してまったくエンジンの圧縮が無くなってしまったよう

       

      どうしても修理したいと言うことで

      バイク屋に持ち込んで観てもらったところ

      バルブが曲がっていた

       

      かれこれ、数ヶ月バイク屋に置き去りになっていたわけだが・・・

      本業のSRが忙しすぎてカブまでは手が回らないって事で

      メカニックに指導の下、長男自ら修理を・・・

       

      ピストン、シリンダヘッドは長年のカーボンが堆積しまくっているし・・・

      このカブ、6Vのポイント点火

       

      本日で2日目なのだが何とかエンジンはほぼ組み上がったようです。

      本人的にはとても楽しいらしい・・・

      ランチもバイク屋の奥様の賄いイタリアンだしね・・・

      とても旨いらしい

       

      さあて動くようになるのかな

      修理完了したら何処に置く?このカブ
      GR273801.JPG
      GR273789.JPG
      GR273793.JPG
      GR273808.JPG

       

       

      筑波ツーリストロフィー 2017 in SEPTEMBER

      2017.09.16 Saturday

      0

        P9091583.JPG

        92号車の彼からコメントをもらえたので・・・

        92号車特集で・・・

         

        この細身のタンクとちっちゃいシート

        やっぱりセパハンでしょう

        そこの身体をピッタリと合わせて走って行く様が

        SRのレーサーってこうあるべきかと思った次第・・・

         

        P9091645.JPG

         

        P9091613.JPG

         

        P9091706.JPG

         

         

         

         

        筑波ツーリストトロフィー2017 in SEPTEMBER

        2017.09.13 Wednesday

        0

          P9091625.JPG

          筑波ツーリストトロフィーのSR組の走行写真を・・・

           

          25番はライダースクラブ編集長

          86番は百川さん

          92番は気になる前後ノーマルドラムブレーキの渋い彼・・・

          この低い姿勢がまた格好いいわ・・・

           

           

          P9091637.JPG

           

          P9091706.JPG

           

          P9091754.JPG

           

          P9091772.JPG

          筑波ツーリストトロフィー2017 in SEPTEMBER

          2017.09.10 Sunday

          0

            P9091496.JPG

             

            スリーエーが参戦している筑波ツーリストトロフィーの応援に行ってきた・・・

            今日はうって変わって快晴

            暑い。。。バイクレース観戦日和

             

            予選の8:30a.m.には間に合わず決勝レースより

            予選で薄井選手の10号車がオイルを吹いたらしく残念な事にリタイヤ・・・

             

            今回はスリーエー関係から4台が出走

            25号車の黄色号はライダースクラブ編集長の小川さん

             

            私が今日とても気になったのが細いタンクのブラック92号車

            前後共にノーマルのドラムブレーキ仕様

            この細いタンクと小さいシートが格好いい。。。

            ライダーも黒の革スーツ

             

            86号車はいつもの百川さん

             

             

            P9091510.JPG

             

            P9091572.JPG

             

            P9091560.JPG

             

            P9091578.JPG

             

            筑波ツーリストトロフィー2017

            2017.04.23 Sunday

            0

              P4220103-1.JPG

              寝坊せず早起きして筑波サーキットへ

              バイクで行こうと思ってたのだが、生憎の天気模様なのでベントラで・・・
              スリーエー@越谷のSRで参戦する薄井選手を応援に・・・
              MS-1クラス優勝
              ターミネータークラスと一緒なのだが、KTM690にも肉薄・・・
              SRのポテンシャルの高さを改めて認識してしまう
              まぁ〜このスリーエーSRはモディファイもスリーエー肝いりだから
              こういう休みの過ごし方も気分転換にいいわ
              先週は仕事忙殺モードだったので
              MS-1クラス決勝は午前中に終わるので皆でお弁当を食べて片付けて解散
              松戸には15時頃には帰宅っていうのもちょうど良い
              帰り道で雨が降ってきたのでやっぱりバイクで行かなくて良かったかな?
              P4220150-1.JPG
              P4220158-1.JPG
              P4220189-1.JPG
              P4220269-1.JPG

              SR400

              2017.01.16 Monday

              0

                P1080532.JPG

                この間のスリーエー新年会でお披露目になっていたSR400改

                綺麗に仕上がってます。

                一見するとリジットサスのように見えますがモノサス仕様になってます。サスペンション自体はパイプで隠されていている。

                シート下に斜めにサスが入ってます。

                 

                このサドルシートはロヤルエンフィールド用のサドルシートを利用しているとのこと

                ポジション的にも楽ちんでゆっくりと快適に運転できそうな感じです。

                リアフェンダーの上の小さいキャリアがまた似合ってる。フェンダーを支えているフレームも良く作ったなぁ〜〜

                サドルシート化とモノサス化に伴って大胆に後ろのフレームは切断を余儀なくされてます。

                 

                ホワイトに赤ラインはオーナーの要望だったみたい

                 

                格好いい・・・

                おやぢSRにちょうど良いなぁ〜〜

                こうしちゃうかなぁ〜〜俺のSRも・・・

                結構な出費になるかあ

                 

                P1080535.JPG

                P1080533.JPG

                 

                新年会

                2017.01.09 Monday

                0

                  P1080542.JPG

                   

                  P1080540.JPG

                  夕方からバイク屋@スリーエーの新年会に参加

                  スリーエーの奥様のイタリアンを堪能

                  旨し、楽しい・・・

                   

                  最年長の参加ライダーはバイク歴60年の現役ライダー乗ってるバイクがXT500

                  バイクは乗り続けることが大事だと再認識した次第

                   

                  乗る回数と距離は毎年激減しているがSRもドカも乗り続けるしかない

                  確かに乗った後の疲れとけだるさは良い気分転換になっていると思う

                  バイクに乗った人にしか分からない感覚ってヤツ

                   

                  毎年いろんな方達とも繋がってきてこれもまた面白い

                   

                  良いバイク屋さんに出会えて良かった

                   

                  昼間は長男が1974年製のカブの状況を聞きに行ったようだ・・・「どうだった?」っと聞いたところ

                  「僕にはまだ敷居が高い感じだった」と言うことらしい

                  まぁ〜そんな感じかな?

                   

                  筑波ツーリストトロフィーに今年も参戦予定の薄井選手と高校生ライダーの翼ちゃんも参加

                  今年も筑波に応援に行かねば・・・

                   

                  AAA001.jpg

                   

                  AAA002.jpg

                   

                  カブ

                  2017.01.02 Monday

                  0

                    PC310434.JPG

                    12月31日の夜

                    家の前にカブ軍団集合

                    長男を含む4人で成田山〜九十九里で初日の出ツーリングらしい

                    若いなぁ〜〜

                    私には到底無理な行動

                    確かに学生時代ならのりで行ってたかも

                    風は無く、気温は低く・・・

                    きっと寒いはず

                     

                    左端のカブ90が長男のバイクなのですが、先日の修理中の70とは別物です。

                    スパーカブ90、プレスカブ、90年代リトルカブ、最新リトルカブという4台

                    何故、皆カブ好きなのか?

                    カブ流行ってるのか?

                    まぁ〜良ししましょ

                    こだわることはそれなりに良いことなのだ

                     

                    結局1日の13時頃帰宅していた。

                     

                    長男いつの間に小型を取っていたのか・・・・

                     

                     

                    カブもストリップにしてモディファイすると格好いいかもなぁ〜

                    やめとこ

                    駐車しておくとこないしなぁ

                    ちょっと興味あり

                     

                    PC310452.JPG

                    Super CAB70 1974

                    2017.01.01 Sunday

                    0

                      CAB.jpg

                      長男の1974年製のスーパーカブ

                      古すぎる・・・

                      バッテリーは6Vでポイント点火

                       

                      どこから掘り出してきたのか・・・

                      これで長野の奥の方までツーリングに行ってたのが夏頃

                      で、自分でカムチェーンを交換したらしく・・・

                      全く動かなくなってしまったようです。

                      聞くと「圧縮が無くなってしまった」との事

                       

                      何処を分解していじったのかを聴き・・・

                       

                      SRとドカティーでお世話になっている越谷スリーエーに相談

                      とりあえず観てみますよと言ってもらえ

                      引取に来てもらえた

                       

                      で、かれこれ数ヶ月経過し、スリーエーから電話

                      メカニック田島さんの話を要約すると組付けを悪く無理矢理キックしてしまったのでピストンと排気バルブが当たってしまったためバルブが曲がって圧縮されない状態のようである。

                       

                      どうしましょうか

                      っと

                       

                      ドカティが車検なので持って行きがてらカブの状態を確認に行った次第

                      エンジンが綺麗にばらされており、問題の排気バルブが曲がっていることを確認

                      ちょっとだけ曲がっているのだが、持って回してみると明らかにシャフトが曲がってしまってます。

                       

                      ピストン、ポート、シリンダーには数十年間のカーボンがこれでもかを付着していたようだ。

                      田島さんも最初はカーボンカスが絡んで圧縮が抜けているかと思い綺麗にこそぎ落としてみたが結局はバルブまがりを発見

                       

                      1974年製のバルブは市場には無し

                      ピストンも無し

                      当然交換部品がほとんど無い状況・・・

                      でも、この手のエンジンはアフターマーケットのパーツが豊富で何とか社外品で合うパーツはありそうとのこと。

                       

                      長男とも相談をし予算を決めて予算内で収まるようであれば修理してもらうことでお願いした次第

                      田島さんも何とかなると思いますと快諾

                       

                      もうちょっと様子を見てみるかなぁ

                       

                      この手の古いモノは手に入れるのは簡単だが、維持するのは難しいのだと・・・実感した次第

                      きっと買った価格以上に修理にかかると思われる

                       

                       

                      私のドカは改造後2回目の車検

                      キャブレターの調子は大分良くなってきたが、もう少し・・・

                      春にはまた乗れるかなぁ〜〜

                       

                      スリーエーでまた興味津々のSRの改造を発見

                      こちらはまた報告

                      このSRおやぢ的には欲しいと思った次第・・・

                      私のSRもこんな感じに変えたいと思った次第

                       

                      GR272909.JPG