OM-D E-M5 MARKII

2019.03.12 Tuesday

0

    GR002322.JPG

     

    私のオリンパス OM-D E-M5 MarkII

    偽貫禄仕様

    あちこちぶつけたり擦ったり、一度はアスファルト路面に落としたり・・・って

    こともあり

    って、事で貫禄仕様にしてみた。

     

    これは、これで、結構気に入っている

    誰のともも間違われることが無いのがいい

    こんな感じに錆びることが無いところはアクリル絵の具でサビ塗装仕様

    経年変化で剥げているところは

    あえてペーパーで研いてみた。。。

     

    使い込まれた感があり愛着がある感じに仕上がっていると思われる。

    最近のデジカメはモデルチェンジが激しく

    型落ちのモデルはヤフオクでも投げ売り状態

    電子制御機器の顛末はこんなものなのか?と思ってしまう。

     

    OM-Dも型落ち機種は悲しいほどの価格で取引されているので

    あえて

    ここは

    こんな仕様で使い続けていくのもありかと思った次第

     

    背面の液晶パネルの写真が無いが

    E-M5はパネルが回転するので蓋ができる。

    ここも結構いじってます。

     

    パッと見

    使い込まれたフィルムカメラのように見えてることがお気に入りポイントだったりするのである。

    ストラップもあえて革の細いヤツを付けてみた。

     

    あえて、この偽貫禄仕様でヤフオクあたりに出品したらどんな反応になるのか?試してみたいところである。

    ワタシ的には結構好きな人いるんじゃないのかなぁ〜っとおもっている。

     

    現在なんやかんやで。。。所有中カメラ物件は

    オリンパスは

    フィルムのOM-1

    デジタルの E-3、E-M5、E-M5 MarkII、E-M1 MarkIIと溜まってしまってます。

    フルサイズのズイコーデジタルレンズもそれなりのバリエーションで持ってたりします。

    当然、OM-1用のズイコーレンズも保管中

     

    一番使い慣れたこのE-M5 MarkIIがお気に入り

     

    コンデジは

    RICOH GRが不注意でコンクリートの床に落下せてしまいモードボタンが飛んでいってしまった。修理に出すか?悩んでいるうちに

    酔っぱらいモード時に

    RX100M3をヤフオクで落札してしまった。

    GR修理に出すか悩み中・・・

    なんと、GRよりRX100の方が小さいのに重いと知った・・・

     

    RX100がやっぱりよく出来ている小さすぎるけど・・・往年のSONYらしい商品コンセプトで満足感が高いのだ

    あのウォークマンのコンセプトに被るミニマムサイズで機能てんこ盛り感

    ミラーレスのOM-Dも同様な感じで好きなのです。OM-1に通じる感じがね・・・

    未だにフィルムのズイコーレンズも持っているし・・・

     

    ってな感じで

    昔を懐かしむ感じがオヤヂなのかもな

     

    って、メカニカルな時代が良かったなぁ〜〜

    何でもかんでも電子制御はなぁ〜〜

    っと思ってしまう項この頃である。

     

    よって、あの時代から使われてきた感にしたくなるのだよ

    デジタル制御の機器も・・・

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL