サブバッテリー

2019.05.12 Sunday

0

    DSC01523.JPG

     

    前回、奈良に帰省した際のトラブル

    千葉から奈良に帰省したわけだが、行きは調子よく帰り、クルマは奈良実家の駐車場に駐車していた。

    で、4日間ほど駐車していてちょっと出かけようかとクルマのエンジンを掛けようとしたらセルが回らない・・・

    えっ!

    何故?

    メインバッテリーがほぼ空っぽって事

    何も点けっぱなししていないことを確認

    リア周りの冷蔵庫等も点いていない

     

    バッテリーが上がっている

    JAFを呼ぶ?

    とりあえず大阪のベントラドクターに連絡

    GWだから連絡つかないだろうなぁ?っと思ったのだがダメ元で

    ベントラドクターから連絡があり見に行きましょかっと神の声

     

    ドクターに点検してもらったところ

    メインからサブへの回路上の60Aのフューズが溶けて切れていると・・・

    何かしらメインバッテリーからサブバッテリーに許容量以上に流れたと言うこと

    よって、メインの容量が使い切ってしまったのでは?という推測

     

    応急処置としてメインバッテリーを交換

    サブへの回路は断

    エンジンは掛かり、オルタネーターの発電量も問題なし

     

    とりあえずメイン系はOKっぽいのでこのままで千葉まで帰宅

    問題なし

     

    で、何故許容量以上の電流がメインからサブへ流れてしまったのか?

    キャンピング仕様にしてもらったOMCへ連絡し色々と電源系の事を理解し、勉強

    メインバッテリーとサブ、走行充電の方法を改めて理解

     

    私のベントラの場合、走行充電の方式はリレー方式のようです。

    クルマのキーをオンにした時点でリレーでメインとサブが並列の状態になるようです。

    よって、どちらかのバッテリー容量が少ないと少ない方に電気が流れてしまう。

    メインからサブへ流れないようにアイソレーターというモノがあるのだが、ベントラには導入されていないようだ、アイソレーター方式は逆流を防げるのだが効率が悪いらしい

     

    今回の場合はずっと乗らずにほったらかしになっていたのでサブバッテリーの容量が空っぽになっていたのでは

    走行充電では間に合わずメインからサブに流れてしまったのかなぁ

    冷蔵庫ぐらいしか使っていなかったのだがサブで間に合わなかったのかな?

     

    あとは、サブバッテリーの交換を3〜4年ほどしていなかったので劣化していたのか?

     

    っと、色々と尽きない疑問

    で、週末まずはサブバッテリーを満充電にしてみた。

    外部電源経由で充電できるようになってました。Powertiteの立派な充電器が入っていた

    バッテリーチェッカーをアマゾンでポチってサブバッテリーを測定

     

    測定結果的にはCCA値は劣化していないようだ

    そもそも奈良往復以外乗ってないしサブバッテリーの使用頻度も少ないからなぁ

    電圧、抵抗値もまずまずのような気がする

    サブバッテリーの充電ができていなかったからだけかな?

     

    リレーも問題ないようだし

    インバーターも問題ないようです。

     

    で、メインからサブへの60Aのフューズも付け替えてみた。

    エンジンを掛けて電圧を見ると13.4Vなのでまずまず・・・

     

    よって、このままちょっと様子見てみようかなあ

    サブバッテリー充電は気をつけようっと思った次第

     

    どうなんですかね

    メインを保護するためにもアイソレーターかましたほうが良いのかな?

    今度、OMCへ行って聞いてこようっと

    メインとサブと走行充電と色々勉強になりました。

    最近はソーラー充電も効率が良くなっているらしくサブの補充電にソーラーパネル導入も効果大みたい。

     

    DSC01536.JPG

     

    DSC01533.JPG

     

    DSC01532.JPG

     

    DSC01541.JPG

     

     

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL