バタバタ

2017.01.29 Sunday

0

    GR272972.JPG

    先週から仕事が過酷バタバタモードで・・・

    睡眠時間が不足気味

    土曜日もちょっと当番で7:00a.m.出社・・・何事も起こらず・・・無事完了

     

    帰り道、アメ横センターのDr.マーチンに買う気満々で行ったのだが・・・サイズなし・・・

    ありゃ〜〜

    そうなの・・・せっかく買う気満々モードだったのに

    っと寄り道せずに帰宅

     

    写真は先週のカフェに立ち寄ってくれたバイク屋仲間のSR

    ビカビカで格好いい

    SRはカスタマイズの懐が広いので本当に困る

    フレンチトーストと珈琲を堪能してもらえたかな

     

    先週末のカフェは結構な出入りで日曜日の午後すぐにはフレンチトースト完売となってしまった。

    最近ようやくいろんな方々が来てもらえるようになったかな

    これから面白く広がっていけばいいな

     

    明日、1月29日はカフェは休みで季節に一回の浅六寄席

    落語協会公認サーフィン部の3人衆の噺で頭を揉みほぐしてこよう・・・

    カフェのあの空間が寄席に変身します。

     

    GR272984.JPG

     

    週末カフェ

    2017.01.18 Wednesday

    0

      P1070467.JPG

      昨年1月から始めた週末カフェもようやく1年

      今週末、21日22日

      カフェマスターを務めます。

       

      いつものようにフレンチトーストをメインにネルドリップ珈琲をどうぞ・・・

       

      今週は忙しいモードなので前日に仕込みはちょっと無理かなぁ〜

      アイス作る暇無し・・・

       

      浅草のスーパーで調達したもので作ります。

      近くに来る方は是非に。。。

      立ち寄って、ゆっくりと暖まっていってください。

       

      それにしても1年間はあっという間

      おやぢ世代はどんどん早くなる一方だわ

      最初は珈琲淹れるのもドキドキだったのが、まぁ慣れとは恐ろしいモノでそれなりに慣れてきました。

      いろんな方々とも知り合いになれたりして

      それなりに楽しんでおります。

      1日中立っているのも慣れたかなぁ〜〜〜

       

      では、お待ちしております。

       

      浅草6丁目40-13

      赤いミニクーパーが目印です。

       

      P1070474.JPG

       

       

      SR400

      2017.01.16 Monday

      0

        P1080532.JPG

        この間のスリーエー新年会でお披露目になっていたSR400改

        綺麗に仕上がってます。

        一見するとリジットサスのように見えますがモノサス仕様になってます。サスペンション自体はパイプで隠されていている。

        シート下に斜めにサスが入ってます。

         

        このサドルシートはロヤルエンフィールド用のサドルシートを利用しているとのこと

        ポジション的にも楽ちんでゆっくりと快適に運転できそうな感じです。

        リアフェンダーの上の小さいキャリアがまた似合ってる。フェンダーを支えているフレームも良く作ったなぁ〜〜

        サドルシート化とモノサス化に伴って大胆に後ろのフレームは切断を余儀なくされてます。

         

        ホワイトに赤ラインはオーナーの要望だったみたい

         

        格好いい・・・

        おやぢSRにちょうど良いなぁ〜〜

        こうしちゃうかなぁ〜〜俺のSRも・・・

        結構な出費になるかあ

         

        P1080535.JPG

        P1080533.JPG

         

        懐かしメンバー

        2017.01.14 Saturday

        0

          GR272942.JPG

          15年ぐらい前かも

          香港オフィスでバタバタとやっていた時代の面々と久しぶりに合流・・・

          現在は皆それぞれバラバラだったりするのだが、会ってしまえばあの当時のままだったります。

          気心知れた仲なので全く問題なし・・・

           

          昔を懐かしめるのもおやぢ達の特権かも

           

          初めての仕事出張先が香港だったのを思い出します。1990年代頃かなぁ

          そもそも海外へ一人で渡航するのが初めてで。。。。

          ドキドキだった

          当時は空港がまだ街中にあった時代で世界一離着陸が難しい空港だったような・・・あの、九龍城もまだありました。

           

          写真の面々で仕事をしていた時代はもう、新空港になっていて九龍城も取り壊されていて綺麗な街に変化し始めていた頃かなぁ

          オフィスはマカオ行きのフェリー乗り場の上層階にあり、窓ガラスが外から見ると金ピカだったなぁ

           

          HKG001.jpg

          新年会

          2017.01.09 Monday

          0

            P1080542.JPG

             

            P1080540.JPG

            夕方からバイク屋@スリーエーの新年会に参加

            スリーエーの奥様のイタリアンを堪能

            旨し、楽しい・・・

             

            最年長の参加ライダーはバイク歴60年の現役ライダー乗ってるバイクがXT500

            バイクは乗り続けることが大事だと再認識した次第

             

            乗る回数と距離は毎年激減しているがSRもドカも乗り続けるしかない

            確かに乗った後の疲れとけだるさは良い気分転換になっていると思う

            バイクに乗った人にしか分からない感覚ってヤツ

             

            毎年いろんな方達とも繋がってきてこれもまた面白い

             

            良いバイク屋さんに出会えて良かった

             

            昼間は長男が1974年製のカブの状況を聞きに行ったようだ・・・「どうだった?」っと聞いたところ

            「僕にはまだ敷居が高い感じだった」と言うことらしい

            まぁ〜そんな感じかな?

             

            筑波ツーリストトロフィーに今年も参戦予定の薄井選手と高校生ライダーの翼ちゃんも参加

            今年も筑波に応援に行かねば・・・

             

            AAA001.jpg

             

            AAA002.jpg

             

            Glenfiddich

            2017.01.03 Tuesday

            0

              PC300348.JPG

              2017年に入りました。

              今年も色々と挑戦してみたいこともあり・・・

              何処まで出来るか??

               

              このGlenfiddich18年ものの金ピカボトル仕様

              奈良の蔵から救出してきたモルトウィスキー

              多分、親父が現役時代にもらったモノと想像できるのだが、きっと蔵の中で30年は眠っていたモノと思われます。

              親父を偲んで皆で呑んでみました。

              ロックで旨い・・・

               

              ウィスキーは語ることが出来ませんが・・・旨い

              コルクが完全に風化してしていて抜け無かったが・・・穴開けて注いだのでした。

               

              皆が言うにはこんなGlenfiddichのボトルはお目にかかったことが無いとのこと

               

              美味しく頂きました。

              年末のスキヤキ忘年会での1ページ

               

              PC300382.JPG

               

              PC300381.JPG

               

              カブ

              2017.01.02 Monday

              0

                PC310434.JPG

                12月31日の夜

                家の前にカブ軍団集合

                長男を含む4人で成田山〜九十九里で初日の出ツーリングらしい

                若いなぁ〜〜

                私には到底無理な行動

                確かに学生時代ならのりで行ってたかも

                風は無く、気温は低く・・・

                きっと寒いはず

                 

                左端のカブ90が長男のバイクなのですが、先日の修理中の70とは別物です。

                スパーカブ90、プレスカブ、90年代リトルカブ、最新リトルカブという4台

                何故、皆カブ好きなのか?

                カブ流行ってるのか?

                まぁ〜良ししましょ

                こだわることはそれなりに良いことなのだ

                 

                結局1日の13時頃帰宅していた。

                 

                長男いつの間に小型を取っていたのか・・・・

                 

                 

                カブもストリップにしてモディファイすると格好いいかもなぁ〜

                やめとこ

                駐車しておくとこないしなぁ

                ちょっと興味あり

                 

                PC310452.JPG

                Super CAB70 1974

                2017.01.01 Sunday

                0

                  CAB.jpg

                  長男の1974年製のスーパーカブ

                  古すぎる・・・

                  バッテリーは6Vでポイント点火

                   

                  どこから掘り出してきたのか・・・

                  これで長野の奥の方までツーリングに行ってたのが夏頃

                  で、自分でカムチェーンを交換したらしく・・・

                  全く動かなくなってしまったようです。

                  聞くと「圧縮が無くなってしまった」との事

                   

                  何処を分解していじったのかを聴き・・・

                   

                  SRとドカティーでお世話になっている越谷スリーエーに相談

                  とりあえず観てみますよと言ってもらえ

                  引取に来てもらえた

                   

                  で、かれこれ数ヶ月経過し、スリーエーから電話

                  メカニック田島さんの話を要約すると組付けを悪く無理矢理キックしてしまったのでピストンと排気バルブが当たってしまったためバルブが曲がって圧縮されない状態のようである。

                   

                  どうしましょうか

                  っと

                   

                  ドカティが車検なので持って行きがてらカブの状態を確認に行った次第

                  エンジンが綺麗にばらされており、問題の排気バルブが曲がっていることを確認

                  ちょっとだけ曲がっているのだが、持って回してみると明らかにシャフトが曲がってしまってます。

                   

                  ピストン、ポート、シリンダーには数十年間のカーボンがこれでもかを付着していたようだ。

                  田島さんも最初はカーボンカスが絡んで圧縮が抜けているかと思い綺麗にこそぎ落としてみたが結局はバルブまがりを発見

                   

                  1974年製のバルブは市場には無し

                  ピストンも無し

                  当然交換部品がほとんど無い状況・・・

                  でも、この手のエンジンはアフターマーケットのパーツが豊富で何とか社外品で合うパーツはありそうとのこと。

                   

                  長男とも相談をし予算を決めて予算内で収まるようであれば修理してもらうことでお願いした次第

                  田島さんも何とかなると思いますと快諾

                   

                  もうちょっと様子を見てみるかなぁ

                   

                  この手の古いモノは手に入れるのは簡単だが、維持するのは難しいのだと・・・実感した次第

                  きっと買った価格以上に修理にかかると思われる

                   

                   

                  私のドカは改造後2回目の車検

                  キャブレターの調子は大分良くなってきたが、もう少し・・・

                  春にはまた乗れるかなぁ〜〜

                   

                  スリーエーでまた興味津々のSRの改造を発見

                  こちらはまた報告

                  このSRおやぢ的には欲しいと思った次第・・・

                  私のSRもこんな感じに変えたいと思った次第

                   

                  GR272909.JPG

                   

                  音楽室のある家

                  2016.12.29 Thursday

                  0

                    beggards001.jpg

                    佐々木さん設計の「音楽室のある家」のオープニングパティーに参加してきました。

                    こちらのお宅ですが、お施主さんは還暦を超えた女性

                    なんと、還暦を超えた方々でバンド活動を継続されているのです。

                    ストーンズからいろいろと・・・

                    で、この家の目的はバンドの練習が思い存分出来ること

                    1F部分が2Fまで吹き抜けのスタジオスペースとなっており、二重扉で防音対策が完璧に施工されてます。

                    防音扉を閉めてしまうと全く外には音が漏れません。ドラムをガンガン叩いてもサックスを吹いても・・・もちろんギターをガンガン弾いても・・・

                     

                    オープニングパーティーだったのでBEGGARSの演奏ありで楽しめました。還暦を超えてもこうやって楽しく過ごせるなんて良いなぁ〜〜圧倒的なパワーを感じましたね

                     

                    3Fはお一人が快適に過ごせる空間となってます。

                    今後、歳を頂いてきても大丈夫なように3Fへはホームエレベーターも完備

                     

                    1Fにはキッチンスペース、2Fにはギャラリースペースもあり将来的にはライブハウスを営業することも可能です。

                    スタジオをギャラリースペースに飾られていた人物画があるのですが、こちらもなんとバンドメンバーのギターの方が描いたモノだと・・・素晴らしい・・・タッチも素敵で1枚欲しいかも・・・

                     

                    佐々木さん設計のこの家

                    街道沿いに面しているので外からは窓が少なく家の中は暗いのではっと思ってしまうのだっが、家の中は上手に光りが取り込まれており、明るいし、プライペーとも確保されている・・・流石です。

                    ガルバの外壁も質感共に良いですね。

                     

                    いやぁ〜楽しめました。

                    帰りは草加の焼き鳥屋で一杯引っかけて帰ったのでした。

                     

                    beggars002.jpg

                     

                    beggars003.jpg

                     

                    beggars004.jpg

                     

                    カフェマスター日

                    2016.12.04 Sunday

                    0

                      UNADJUSTEDNONRAW_thumb_167e.jpg

                      今日のカフェマスター

                      いつものフレンチトースト

                      付け合わせは

                      ポップオーバー

                      柿のジャム

                      リンゴのカラメルソース

                      完熟パイナップルとブルーベリー

                       

                      で、500円はお得だと思うわけです。

                       

                      さらに今日はSpecialで沓沢姐さんのバナナシフォンケーキ

                      これが、旨い・・・

                      作り方を習いたい

                      沓沢姐さん曰く「とても簡単です」「マジに?」

                       

                      もうすぐカフェを始めて1年

                      いろんな方々との輪が広がった感じです。

                       

                      UNADJUSTEDNONRAW_thumb_167f.jpg

                       

                      UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1674.jpg

                       

                      UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1671.jpg