ブラックRX-7 カブリオレ

2010.08.31 Tuesday

0

    OLYMPUS E-3 ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

    ひろか〜と氏のセブンのつづき
    このエンジンルーム
    綺麗です・・・ひろか〜と氏がコンクールコンディションと言ってました・・・
    うなずけますよね
    ボンネットの裏もエンジンルーム内もビカビカですぜ・・・
    誰が見ても新車です。

    もともとの中古車の状態が良かったのでしょうが、サンアイさんはエンジンも下ろしてくみ上げ直したようです。流石、仕事が細かいと言うかセブンに対する想い入れがただ事では無いのですよねぇ
    ひろか〜と氏も・・・

    20年もののクルマには決して見えません・・・
    大人の2シータ−ですな。

    ナンバーはお決まりの「セブン」で・・・
    FCって5ナンバー枠なんですね
    このあたりもコンパクトで小さくて格好いいです。






    FC3C カブリオレ

    2010.08.30 Monday

    0


      hirokart氏より連絡を受けてサンアイワークスへ
      8月も残り僅かなのにこの暑さ
      SR400で午前中ならまだましか?っと思ったが・・・熱気と湿気を帯びた空気が身体中にこびりつく
      ヘルメットの中も灼熱地獄・・・

      サンアイに到着した時にはびっちょり・・・
      ひろか〜と氏は先日までタイ@バンコクに出張していたらしく・・・バンコクの方が涼しかったと・・・


      ところでサンアイワークスに出向いたのには理由が・・・
      雷電ブルーセブンを仕上げたところなのに・・・
      見付けてしまったらしい
      FCカブリオレ
      悩んだあげく無事に捕獲
      確かにとても綺麗なカブリオレ
      RX-7唯一のカブリオレです。
      前オーナーは女性らしく全然乗っていなかったモノらしいです。
      現車の状態がすこぶるく上物だったようです。

      完全にオリジナル状態
      FCカブリオレは調べたところ1981年〜91年まで生産されていたらしい・・・って事で少なくても20年モノ
      でも、サンアイワークスにかかると新車のようなこのFCカブリオレ
      これなら私でも運転できそう
      欲しいです。オープン2シーター。憧れ・・・

      ひろか〜と氏は当然
      この暑さであるが、フルオープン仕様でご帰宅
      ブルー雷電はサンアイ保管

      写真も枯渇状態なので
      今週は「FCカブリオレ」祭りで・・・


      RX-7

      2010.04.20 Tuesday

      0


        OLYMPUS E-3 ZUIKO DIGITAL 11-22mm 

        昨日に引き続き写真はひろかーとさんの雷電壱号機で・・・・
        クルマのこの曲線美が好きですねぇ・・・美しい

        F1は中国GPがありましたが、MOTO-GPの方もカタールでGPが開幕
        ロッシ vs ストーナーという戦いは相変わらずで、カタールサーキットは直線が長く、なんとストレートエンドではストーナー@DUCATIは340km/hになるそうな・・・・
        バイクもただ事ではないなっと

        で、今年から250が廃止になり、新しくMOTO2というクラスが新設されました。エンジンはHONDA@CBR650のワンメイクでシャシーとかは各社で自由というカテゴリー
        このクラスに日本人ライダーが出ており・・・・250からがんばっていた19歳の富沢くん
        なんと、初カテゴリーで初戦優勝です。

        19歳ですよ・・・3歳からポケバイやっていたみたいだが・・・・

        バイクのGPでは最近、日本人ライダーががんばってます。。。。。

        では、またグラマラスなRX-7で・・・・




        Mr. hirokart

        2010.02.21 Sunday

        0

          RICOH GX200

          昨日、Over Takeでご一緒したhirokartさん
          光り輝いているのはご馳走していただいた
          フェラーリのワインっと言うか、フェラーリのマラネロにある本社、その前にあるフェラーリ社員御用達のレストラン「Ristorante Cavallino」
          例の「跳ね馬」にちなんだ名前だと言うことらしい
          店のインテリアはフェラーリづくしらしい(Hirokartさん談)

          このレストランで飲めるのが上の写真のワイン
          フェラーリの跳ね馬
          フェラーリのワイン
          赤ワインで微炭酸・・・ロゼでもなく・・・とても口当たりがよろしい・・・

          ヒロカートさんはマラネロまで行って飲んできたとのこと・・・
          イタリア出張の際に単独、マラネロ探検とは・・・

          とても美味しいワインで御座いました。
          ごちそうさま・・・

          hirokartさんのRX7は・・・ドックインでとてつもない仕様に・・・
          FD乗りの方は是非、訪れて損しないblogとなってます。